かぼちゃは眼精疲労の回復や皮膚の健康維持にも役立つ

かぼちゃは眼精疲労の回復や皮膚の健康維持にも役立つ

いもたこなんきんって言葉、ご存知でしょうか?

 

昔から女性の好きなものとして挙げられているものです。いもは里芋、たこは蛸、そしてなんきんは南瓜―つまりカボチャのことですね。このカボチャ、実は栄養たっぷりだってご存知でしょうか?βカロチンやビタミンCとE、カリウム等がいっぱい入っているのです。βカロチンは抗発ガン作用があり、また免疫力を高めたり、体内でビタミンAに変わって眼精疲労の回復や皮膚の健康維持にも役立ちます。

 

ビタミンCとEには酸化を防止する力があり、アンチエイジングに効果があります。カリウムの役割は、塩分を排泄すること。それだけ?と思われるかもしれませんが、カリウムが不足すると高血圧やむくみの原因になりますし、また夏ばては汗と一緒にカリウムも流れ出てしまって不足することで起きるとも言われています。

 

カリウムが不足すると、体がだるくなったり食欲が低下したりするんですね。ですので、カリウムをちゃんと摂取することはとても大事なのです。更に、食物繊維も豊富ですから、便秘の予防や改善に役立つほか代謝も良くなります。糖質やカロリーもご飯より少ないですし、食物繊維が多いおかげで少量でもお腹がいっぱいになりますから、ダイエットにも良いでしょう。

 

そんなとってもオススメなお野菜であるカボチャの最大のデメリットは、やはり切りにくいことかと思います。本当に硬いですよね、カボチャって。カボチャを切ろうとして手を痛めた人や包丁が途中で動かなくなってしまった人もいるのではないでしょうか。ぜひ、カボチャを切る前に電子レンジにかけてください。2分くらいでOKです。

 

幸い、カボチャは水分が少ないので電子レンジでの加熱に向いています。またあらかじめレンジで火を通しておけば、炒め物にする際も短時間で仕上げられるので焦げずに済みます。もちろん、煮物や蒸し物、ポタージュスープ、天ぷらやお菓子等、本当に色々な調理法で食べられる便利なお野菜です。女性だけでなく男性にも好きになってもらえたら良いなと思います。